桜新町の洋食屋さん、れすとらんデミに行ってきたレポ。

リンクユニット

昔ながらの洋食屋さんって惹かれるものがある。
変わりゆく町並みの中、そこだけ当時のままのような店構え。
ガラス窓には「タンシチューあります」の手書きの紙。
雰囲気が好きすぎる…‼ということで、休日ランチでれすとらんデミに行ってみました。

店内の雰囲気

こじんまりとした店内で昔ながらのレトロな雰囲気がどこか懐かしい感じ。
座席数はカウンター4席、テーブル席12席くらいだったかな。

地元のお客さんで賑わっていて、わたしが訪れた時は昔から来る年配の方が多かった。
でもわたしみたいな一人で来る女性もいたし、別の日には大学生グループみたいな人もいたから割と幅広い年代の人が訪れていると思う。
近くに大学があるから大学生も多く住んでるのかな。

メニュー

れすとらんデミ オムライス 桜新町 洋食屋さん
洋食屋さんといえば、のオムライス(1400円)。ケチャップが乗ったものが出ると思いきや、とろふわの卵の上に牛肉たっぷりのデミソースが乗って出てきました。
中のケチャップライスもしっかりと味付けされていてかなりボリューミーなので、男性でも満足できる一品です。
薄味が好きな人にはちょっと濃く感じるかも。

他にも、サラダやみそ汁のつくセットやハンバーグ、カレー・チキンカツなど一般的な洋食屋さんのメニューがあります。
価格帯は2000円前後で、最初食べようと思ってたタンシチューは1900円でした。

口コミでも書かれていたけど、実はみそ汁がおいしかったりします。ダシなに使ってるんだろ?(‘ω’)

営業時間

れすとらんデミ 桜新町 ランチ 洋食屋さん
営業時間:11:00-13:30/17:00-21:30
定休日:水曜

らしいですが、年配のご夫婦が個人経営でやっているお店なので不定休な気がします。
(マスターの体調にもよると思いますしね。)

アクセス


住所:東京都世田谷区新町2-38-15
電話番号:03-3420-2486
最寄り駅:桜新町駅徒歩2分

おわりに

このお店をおすすめできるか?と言われると、正直なんとも言えないところがあります。
というのも、Googleの口コミで書かれている通り、確かにおかみさんのクセが強い。

甲高い声で突然ヒステリックのように注意したり、かといえば「ありがとねえ、ありがとねえ」と優しくなったり。

わたしが訪れた時も、子連れの方がいたけどどうやら子どもが騒いでしまったらしく「おとなしくなるまで外にいて」と出されてました。
その後はおとなしくしてたので、「おとなしくていい子だねえ」なんて言ってましたが、なんだろう、波が激しすぎる…(笑)

食べ終わって携帯いじっている人には「もう終わったら席空けないと」と追い出していたし、常連さん以外はみんなビクビクしていたし、落ち着いてゆっくりできるようなお店ではありません。


ただ、わたしは知っている。
閉店後マスターがひとりでキッチンだけ明かりをつけて片付けていたり、お休みの日も【定休日】の看板の奥でマスターがキッチンに立っていることを。
おかみさんのクセは確かにあるけれど、マスターの料理に対する愛情や情熱は本物だと思う。

だからこそ長く通い続ける常連さんがいるんだろうな。

コメント

タイトルとURLをコピーしました